フォロワーシップ研修の概要と基本プラン

主な対象層 :
管理職の一歩手前にいるチームリーダー、主任、主事といった階層にいる方々が、過去、もっとも多い受講層です。 これは立場上、上司とのより良い関係づくり、効果的な関わり方を見出し、実践することを通じて、 職場全体への波及効果が期待されることが要因と思われます。

しかしフォロワーシップは「管理職が役員など上層部に働きかける際の意識、行動」という点でも重要です。
広義におけるリーダーシップ開発プログラムの一環として、係長または課長層へのフォロワーシップ研修も実施しております。この場合、受講層の方々にフォロワーシップの概念と重要性を理解いただくことで、 フォロワーシップ実践の核となる部下のみなさんへの啓蒙が促されるメリットもあります。

そこで私どもでは、管理職層のみなさまに対してフォロワーシップのショートセミナーを開催させていただき、
内容をご理解いただいた上で部下にあたる皆さまを主な対象としてトレーニングを企画させていただくケースもございます。

2daysトレーニング フォロワーシップの原理原則と実践の鍵、ワークプレイスラーニングにつなげるためのアクションプランづくりまでを実施します。
1日目 2日目
フォロワーシップとは何か 上司に〝自ら〟働きかける
リーダーシップとの共振現象
職場事例にみる望ましい共振
摩擦をもたらす違いをリソースに変える
DiSC理論で自分と上司を分析
フォロワーシップ行動モデル コミュニケーション改善演習
貢献力と批判力
自分のフォロワーシップ傾向をチェックする
強みと開発課題
上司のタイプ別対策
職場の失敗例を検証
効果的コミュニケーションのシナリオづくり
グループ発表/フィードバック
より良い影響力をもたらす協働的フォロワーの視点  アクションプラン
コントロール範囲を見極める
全体最適を探るアンテナ
やる気の自己管理
業務上の目標にフォロワーシップを活かす
行動を起こし、それを続ける仕掛けづくり
サクセスインタビュー

2dayトレーニングと合わせて、ワークプレイス・ラーニング(職場内での仕事を通じた学び)の発想で、 フォロワーシップを浸透させていくためのフォローアップをご提案します。
また諸事情により1日単位でのセミナーをご希望の場合は、上記プログラムの1日目(原理原則、フォロワーシップの基盤)を中心とした内容をご提案しています。
フォロワーシップに関する講演、半日以下のセミナー等も承りますので、お気軽にご相談ください。

こちらから、お気軽にお問合わせください。

  • 典生人語
  • Mindfulness Based Coach Camp
  • アンサング